第8週「京都、最後の贈り物」11月16日(月)〜11月21日(土)

九州での石炭事業を順調に進めるあさ(波瑠)のもとに祖父・忠政(林与一)が危篤という知らせが届く。すぐに京都に向かうあさ。姉のはつ(宮﨑あおい)も京都の今井家にやって来る。あさは忠政と碁を打つ、その時、忠政は、ある言葉をあさに贈る。

そして、家族全員で忠政の最期をみとる。京都を去るはつに、母の梨江(寺島しのぶ)が用意した贈り物とは…。大阪に戻った姉のはつは夫の惣兵衛(柄本佑)と再出発を目指すことに…。大阪に戻ったあさは五代友厚(ディーン・フジオカ)から「お金で人を応援し、救う」という新しい事業、銀行の話を聞き、興味を持ちはじめる。

そして、正吉(近藤正臣)に加野屋の新しい商いとして、銀行経営にのりだすことを提案する。悩む正吉の出す決断とは…。その頃、新次郎(玉木宏)は、はつのもとを頻繁に訪ね子供の藍之助と遊んでいて…。九州の炭坑では、サトシ(長塚圭史)の組の石炭を掘る量が少なくなっていく。サトシの働きぶりを気にする宮部(梶原善)は…。そしてある日、五代は、珍しいものをもって加野屋にやってくる。それを見たあさは…。

広告

あなたの感想お待ちしています。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA