第9週「炭坑の光」11月23日(月)〜11月28日(土)

あさ(波瑠)は大阪の加野屋と九州の炭坑を行ったり来たりしながら、忙しく働いている。九州の炭坑であさは、亀助(三宅弘城)から、サトシ(長塚圭史)の組だけが炭の採れる量が少ない、という報告を受ける。あさは炭坑の仕組みを変えたいと宮部(梶原善)に相談するが…。

坑夫たちの気持ちを少しでもわかるようになりたいと思ったあさは、炭坑に一緒に入り必死に石炭掘りを手伝う様になる。へとへとになるが、あさは徐々に坑夫たちと打ち解けていく喜びを感じはじめる。

カズ(富田靖子)や治郎作(山崎銀之丞)は、あさのことを心配してある思いを告げる。驚くあさ。一方、大阪では新次郎(玉木宏)がひとり寂しく三味線を弾く。そしてある時、あさを訪ねて五代(ディーン・フジオカ)がやってくる。

五代は、あなたは海に一番に飛び込む勇敢な「ファーストペンギン」だとあさを勇気づけ、すぐに去ってしまう。姉のはつ(宮﨑あおい)は出ていった惣兵衛(柄本佑)を待ちながら子育てに励んでいると、あるものを土産に惣兵衛(柄本佑)が戻ってくる。ある日、正吉(近藤正臣)は家族みんなを集めて…。

広告

あなたの感想お待ちしています。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA