朝ドラ「あさが来た」あらすじ

ヒロインの名は「あさ」。幕末、京都の豪商の次女に生まれたあさは、相撲が大好きなおてんば娘。ことや裁縫などの習い事に熱心な姉、はつは、あさとは好対照。

あさは大阪有数の両替屋の次男・新次郎と結婚することが親同士の約束で決まっていました。しかし、物心がつく頃には「お嫁なんかいかへん」と猛反発。

そんなあさは、ひょんなきっかけでその許嫁、新次郎のひょうひょうとした魅力に引き込まれ、恋に目覚めます。心ときめかせ嫁いだものの、明治に入り、時代に合わなくなった両替屋の経営は火の車。ボンボンの夫、新次郎は「金儲けは性に合わへん」と三味線などの風雅に興じるばかり。

いよいよ倒産かという時、新次郎が知り合いの商人から持ちかけられた炭鉱経営の話を聞くあさ。炭鉱に新たな可能性を感じたあさの心に火がつきます。

単身、九州に向かったあさを待ち受けていたのは、炭鉱の男たち。自分たちの知らぬ間に炭鉱の経営者が変わったことに怒る男たちに、あさは立ち向かいます。

一方、姉のはつは、大阪で1番歴史のある両替屋に嫁ぎます。しかし、両替屋という時代遅れの稼業にこだわり続けたため、明治維新の荒波にのまれ、倒産してしまいます。

夜逃げ同然で姿を消してしまった姉のはつとようやく巡り合えたあさと梨江。実家からの援助を拒むはつを、あさは説得します。そして姉夫婦は新しい場所で、再出発していきます。

実業家として奮闘するあさは、男社会ゆえなかなか認められず、苦労の連続です。

そんな中、大阪の発見に尽力しちえる五代友厚と進行を深めます。「新しい事業を始めたい人を支援する存在であれ!」との言葉を託されたあさは、銀行経営を引き受け、多くの人の志を支援していきます。また、日本で初めての女子行員を育成していきます。

「妻への応援」に徹していた夫・新次郎も「働く妻の背中」を見続け、お金儲けとは違う「仕事の意義」を感じ、働き始めます。

時は流れ、一人娘も嫁ぎ、あさと新次郎が最後に引き受けた仕事は「女子教育の発展は社会の発展につながる」との考えから、日本最初の女子大学校の設立でした。

広告

あなたの感想お待ちしています。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA