純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

      2015/01/23

昭和14年、春。桜子は、東京音楽学校の2度目の受験に挑み、見事、合格を果たす。ところが入学準備のために戻った岡崎で、教師としての笛子に対し女学校側が圧力をかけることが起こる。冬吾が、過去に左翼主義者として逮捕されたことが原因だという。桜子ら家族が、それを冬吾に問い詰めると、彼の前科は、酔った勢いの微罪と分かり、胸をなでおろす。

しかし、それと同じ頃、笛子が学校で源氏物語を教本として使用したことが、時勢に合わないと問題となり、視学官からそのような講義は、止めるよう言われる。それを冬吾が不憫に思っていることを知った学校側は笛子に辞職を要求。笛子は冬吾との結婚を諦めるかどうか苦悩する。二人に幸せになってほしい桜子と杏子は、笛子が辞職しても生計が成り立つよう努めようとするが、なかなかうまくいかない。

そんな折、暴力夫から逃げる妊婦を助けた杏子が、夫の偽のたれこみにより特高警察に目をつけられ、逮捕されてしまう。これに対し冬吾は、代議士の兄を頼って上京、そのおかげで杏子は釈放される。しかしながら、この事件で笛子の辞職はなかば決定的なものとなり、有森家の行く末を危ぶむ桜子は、ある決断をする。

NEXT: 第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第4週 「プロポーズは突然に」 / 4月24日(月)〜29日(土)

昭和12年8月。桜子は有森家の下宿人・斉藤に惹かれ始めた。有森家のみんなも生真面 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第26(最終)週 「いのち、輝いて」 / 9月25日(月)〜30日(土)

病院の検査で、桜子は病魔に冒されていることを知る。桜子は、お腹の赤ちゃんのことを …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …