純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

      2015/01/23

桜子は、亨が目の病気(網膜炎という病気である可能性)らしく、精密検査に多額の金がかかることを笛子と冬吾に告げる。国策に従わない冬吾の絵は売れず、笛子は知り合いのつてで電話交換手の仕事を始めるが、亨をお守りしながらでうまくいかない。

そんな笛子を見た冬吾は、自分が働くと言うが、笛子は冬吾には絵を描いてもらいたいと願う。仕方なく冬吾は、笛子に黙って桜子に仕事を紹介してもらう。それは鋳物工場で材料を持ち運びする仕事で、冬吾にはつらいものだったが我慢する。

そんな折、以前ダンスホールのジャズバンドで腕を鳴らしていた秋山が食い詰めているのを、桜子が発見。マロニエ荘に連れて来る。秋山はこんな時代に芸術をやっても意味がないと嘆くが、桜子は希望を捨てたくないと言う。その言葉に触発された秋山は、質に入れたサックスを取り戻そうとする。桜子は亨のために曲を作った。その曲が売れたため、桜子はそれを亨の検査代の一部にあてた。一方亨の目の検査結果が出るが・・・

NEXT: 第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第10週「夏の日の別れ」 / 6月5日(月)〜6/10日(土)

達彦が、味噌の蔵元を継ぐために音楽学校を辞めると言い出し、桜子はショックを受ける …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第7週 「貧乏なんか怖くない」 / 5月15日(月)〜20日(土)

西園寺によるピアノレッスン初日。桜子は西園寺のレッスン生で今年、音楽学校に合格し …

第3週 「恋のプレリュード」 / 4月17日(月)〜22日(土)

桜子の音楽学校受験に、笛子はあくまで反対する。一方、杏子は、桜子を応援するため、 …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …