純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

      2015/01/23

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る。桜子は野木山から帳簿と金庫の金額が合わないと聞き、かねに調査を頼もうとするが、かねは取り合わない。

そんな折、山長で味噌樽が足りなくなる事件が発生。桜子は仙吉と共に蔵を見張るが、なんとその仕業が野木山とタネ夫婦によるものとわかる。闇で味噌を横流しするのも商売だと言う彼らに、かねと桜子はもってのほかと激論になる。そんな折、磯は杏子から達彦が戦死したかもしれないと聞き、桜子にも伝える。

桜子は混乱しつつも、達彦の生存を信じようとする。ところがある日、戦地からキヨシが一時帰還し、桜子は達彦が死を覚悟して書いたという遺書を受け取る。偶然その遺書を見てしまったかねは、衝撃のあまり倒れ、病の床についてしまう。桜子は、かねの看病に励むが、自分の病気が治らないことを知ったかねは、桜子を山長に縛り付けないために、敢えて桜子に愛想づかしをし、出て行かせようとする。

NEXT: 第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第26(最終)週 「いのち、輝いて」 / 9月25日(月)〜30日(土)

病院の検査で、桜子は病魔に冒されていることを知る。桜子は、お腹の赤ちゃんのことを …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第4週 「プロポーズは突然に」 / 4月24日(月)〜29日(土)

昭和12年8月。桜子は有森家の下宿人・斉藤に惹かれ始めた。有森家のみんなも生真面 …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …