純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

      2015/01/23

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、岡崎の病院に転任した杏子とその家族と一緒に暮らしていた。そんなある日、有森家にヤスジと八重が訪れ、桜子は互いの無事を喜び合う。学校では、終戦を境に教育内容が180 度転換したことを桜子なりに生徒たちに説明し、未来に向けてジャズの名曲「陽のあたる街角で」をピアノで弾いて教える。

そこに秋山が訪れ、桜子は進駐軍相手のバンドのピアノを担当しないかと誘われる。さらに、東京から笛子が訪れ、桜子たちはその派手な生活ぶりに驚く。戦後、冬吾の絵の価値が驚くほどあがり、高い値で飛ぶように売れていると言う。桜子は笛子にもジャズバンドを勧められるが、桜子は子供たちに音楽を教えることの幸せを感じていて、秋山に断りを入れる。

すると秋山は、名古屋の1ステージだけ人手がないので助けてくれと言い、桜子は応諾する。翌日はかねの1周忌で、桜子は久しぶりに「山長」に訪れる。

NEXT: 第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしい …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第11週「キューピッド志願」 / 6月12日(月)〜6/17日(土)

桜子が東京に戻ってまもなく、岡崎の有森家に杉冬吾の許嫁だという御崎しま子が現れる …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第8週「初めての連弾」 / 5月22日(月)〜27日(土)

桜子がダンスホールに通っていることを知らされ、心配した笛子は、東京に駆けつける。 …

第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

昭和14年、春。桜子は、東京音楽学校の2度目の受験に挑み、見事、合格を果たす。と …

第14週 「若女将の試練」 / 7月3日(月)〜7/8日(土)

桜子は、かねから要請された味噌屋修業を受けてたつ。以前、「山長」の賄いを一手に引 …