純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

花子とアン【第1週】花子と呼んでくりょう!感想

      2014/12/03

久しぶりに朝ドラをチェックしています。純情きらり以降あまり見てなかった朝ドラですが、、、花子とアンの第1週をチェックしたら、、、これは全部観たい!久しぶりにそう思いました。
ナレーションは美輪明宏さん。これも面白い!
【第1週】
3月31日(月)~4月5日(土)
「花子と呼んでくりょう!」

1945年、東京。空襲で町が燃えさかる中、一冊の洋書を胸に抱いて走る女性の姿があった。村岡花子(吉高由里子)。「赤毛のアン」を日本で初めて翻訳し、世に出した人である。時はさかのぼり1900年、山梨県甲府。貧しい小作農家に生まれた安東はな(山田望叶)は、尋常小学校へも通わずに家事や子守に精を出し、母・ふじ(室井滋)や祖父・周造(石橋蓮司)、兄妹たち家族を助けていた。ある日、行商先から久しぶりに帰った父・吉平(伊原剛志)にお土産の絵本を渡されたはなは、字も読めないのに目をきらきらと輝かせる。吉平がはなを小学校へ連れて行くと、はなは数日で字を覚え、夢中で本を読みふけるようになる。娘の才能を垣間見た吉平は「はなを東京の女学校へ入学させよう」と言い出し、画策し始める。だがふじは、娘を遠く離れた東京へやることに猛反対。当初は「女学校へ行けばいっぱい本が読める」と喜んでいたはなも、家の生活が苦しいことを気づかって「行きたくなくなった」と嘘をつく。そんな折り、地主の徳丸(カンニング竹山)が小作料を上げると村人たちに告げ、はなの家にも動揺が走る。それを見たはなは、道端で偶然会った徳丸に、あることを申し出る…

赤毛のアンを翻訳して世に出した方の生涯を綴る朝ドラなんですけど、、、このドラマ自体が「赤毛のアン」っぽいストーリーになっているんですね!赤毛のアンを読んだ事がある方なら、、、「花子」が「アン」に見えてくるのでは!?
石版が真っ二つになるシーンとか完全に赤毛のアンとかぶってましたよね!

とりあえず毎回録画しているので最後まで見てみようと思います!このブログもボチボチ更新していけたら、、、と思っています(何度目の宣言でしょうか 笑)

 - ドラマ感想:その他

広告


  関連記事

篤姫 第二回:桜島の誓い・感想

第二回は調所さんがメインみたいな雰囲気でした。ボクが言うのもなんですが、彼はがん …

no image
初雪の恋 ヴァージン・スノー(キャストなど覚え書き)

韓日合作映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』が 5月のゴールデンウイークに公開さ …

篤姫 第五回:日本一の男・感想

斉彬からのプレゼント「日本外史」を楽しそうに読んでいる姿は、原作を読んで思ってい …

篤姫 第一回:天命の子・感想

ついに第一回の篤姫が放送されましたね!面白かったです♪あおいさんが出てくるだけで …

「春、バーニーズで」

なんども言いますが、純情きらりのキャストは豪華です。キャストのみなさんもいろんな …

どうしても言えなかった一言。「好きだ、」

純情きらりは、ご存じの通り、豪華キャストのドラマなのですが、純情きらりヒロイン役 …

篤姫 第三回:薩摩分裂・感想

日曜日はお出かけしていたので、本日やっと篤姫 第三回:薩摩分裂をビデオで見ること …

ただ、君を愛してる〜感想〜

今日は、宮崎あおいさん主演の『ただ、君を愛してる』を見に行きました♪ぼくは好きで …

篤姫 第四回:名君怒る・感想

うーん、、最近忙しくて、、、やっとビデオで篤姫の第四回をビデオで見ました。今回は …

篤姫 第六回:女の道・感想

今回の篤姫は、、、良かったというか、、、衝撃的だったというか、、、とにかく印象的 …