純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

      2015/01/23

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼをしている最中驚かされ味噌桶に落ちてしまう。お転婆なのは母親がいないからだと心配する周囲の人々は、桜子の父・源一郎(三浦友和)に見合い話を持ち込む。

それに反発した桜子は、見合い相手にいたずらをして、逃げ込んだ祖父・沖田徳治郎(八名信夫)の家の納屋で亡き母・マサ(竹下景子)の形見のオルガンを発見する。いつも紙の鍵盤をピアノ代わりにして遊ぶ毎日だった桜子はマサのオルガンが欲しいと徳治郎にせがむが、徳治郎は亡き娘の形見のオルガンを渡すわけにはいかないと突っぱねる。

これに思案した有森家の面々は、桜子の生まれて初めての演奏会を企画。桜子の弾く姿がマサに重なって見えた徳治郎は桜子の願いをついに聞き入れる。そして、8年後の昭和12年。16歳(女学校の5年生)になった桜子(宮崎あおい)は、親友から頼まれた恋文を松井達彦(福士誠治)に渡すが、それが担任の先生に見つかってしまい問い詰められる。折しも、その日は桜子が前々から楽しみにしていた西園寺公麿(長谷川初範)による演奏会の日だった。

NEXT: 第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第14週 「若女将の試練」 / 7月3日(月)〜7/8日(土)

桜子は、かねから要請された味噌屋修業を受けてたつ。以前、「山長」の賄いを一手に引 …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第5週 「運命の分かれ道」 / 5月1日(月)〜6日(土)

桜子は、斉藤が自分のことを好きだと笛子から聞いて、びっくりすると同時にうれしくな …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

昭和14年、春。桜子は、東京音楽学校の2度目の受験に挑み、見事、合格を果たす。と …

第8週「初めての連弾」 / 5月22日(月)〜27日(土)

桜子がダンスホールに通っていることを知らされ、心配した笛子は、東京に駆けつける。 …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …