純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第10週「夏の日の別れ」 / 6月5日(月)〜6/10日(土)

      2015/01/23

達彦が、味噌の蔵元を継ぐために音楽学校を辞めると言い出し、桜子はショックを受ける。そんな折、東京に住んでいた杉冬吾が突然、有森家に現れ、何か食べさせてくれと頼む。笛子はその非常識な態度に腹が立ち、冬吾を追い帰す。

桜子と達彦は、おおっぴらに二人で居辛くなるが、このまま別れたくないからと、神社の木で結び文を交わす約束をする。そんな二人の前に現れる冬吾。桜子は笛子に、冬吾がしばらく有森家で寝泊りできるよう頼むが、事あるごとに笛子と冬吾はぶつかってしまう。

その後、達彦は、桜子に惚れているキヨシから、結婚の約束無しに会い続けるのは卑怯だと言われ、かねからも桜子のことは忘れろと言われる。達彦は桜子に、音楽を諦めて結婚しないかと投げかけるが、桜子はそれはできないと突っぱねる。

一方、かねは達彦に別の女性と見合いするよう計らう。二人の仲はもはやこれまでと思ったキヨシは、桜子に結婚を申し込むが、その気になれない桜子はプロポーズを断る。そして、桜子は達彦とこれから、お互い前向きに生きようと言って別れ、東京へ向かう。

NEXT: 第11週「キューピッド志願」 / 6月12日(月)〜6/17日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

桜子は、亨が目の病気(網膜炎という病気である可能性)らしく、精密検査に多額の金が …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …