純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

      2015/01/23

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしいという手紙が杏子から来る。桜子はかねに暇をもらって東京へ。ところが笛子たちが住むマロニエ荘では、冬吾やヤスジたちに加え、食に飢えている新たな画家仲間が出入りし、笛子は自分の食べ物まで彼らに分け与える始末。

そして笛子のお産も始まって桜子は慌てるが、磯が岡崎から駆けつけて来て、なんとか子供は生まれる。そんな折、新美術協会で開こうとしていた展覧会に出す絵の特高による査察が行われ、まだ二十歳に満たない和之の絵がはねられる。

桜子は、和之が実は磯が生んだ息子だと知る。磯の元・愛人で和之の父である周助は、和之が画家をやめれば、有力者に展覧会を開催させることをお願いしてもいいと言う。冬吾たちは和之を見殺しにしないよう妥協案を見出し、桜子は周助に和之の絵を見に来るよう働きかける。展覧会当日。桜子は磯、和之、周助の心のつながりを見るが、やがて展覧会は中止に・・・

NEXT: 第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第14週 「若女将の試練」 / 7月3日(月)〜7/8日(土)

桜子は、かねから要請された味噌屋修業を受けてたつ。以前、「山長」の賄いを一手に引 …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

昭和14年、春。桜子は、東京音楽学校の2度目の受験に挑み、見事、合格を果たす。と …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

予告無しにかねが現れ、マロニエ荘がさも立派であると嘘をついていた達彦は大慌て。桜 …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …