純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

      2015/01/23

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしいという手紙が杏子から来る。桜子はかねに暇をもらって東京へ。ところが笛子たちが住むマロニエ荘では、冬吾やヤスジたちに加え、食に飢えている新たな画家仲間が出入りし、笛子は自分の食べ物まで彼らに分け与える始末。

そして笛子のお産も始まって桜子は慌てるが、磯が岡崎から駆けつけて来て、なんとか子供は生まれる。そんな折、新美術協会で開こうとしていた展覧会に出す絵の特高による査察が行われ、まだ二十歳に満たない和之の絵がはねられる。

桜子は、和之が実は磯が生んだ息子だと知る。磯の元・愛人で和之の父である周助は、和之が画家をやめれば、有力者に展覧会を開催させることをお願いしてもいいと言う。冬吾たちは和之を見殺しにしないよう妥協案を見出し、桜子は周助に和之の絵を見に来るよう働きかける。展覧会当日。桜子は磯、和之、周助の心のつながりを見るが、やがて展覧会は中止に・・・

NEXT: 第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第4週 「プロポーズは突然に」 / 4月24日(月)〜29日(土)

昭和12年8月。桜子は有森家の下宿人・斉藤に惹かれ始めた。有森家のみんなも生真面 …

第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

桜子は、亨が目の病気(網膜炎という病気である可能性)らしく、精密検査に多額の金が …

第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

予告無しにかねが現れ、マロニエ荘がさも立派であると嘘をついていた達彦は大慌て。桜 …

第26(最終)週 「いのち、輝いて」 / 9月25日(月)〜30日(土)

病院の検査で、桜子は病魔に冒されていることを知る。桜子は、お腹の赤ちゃんのことを …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …