純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

      2015/01/23

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるなどして看病を続ける。昭和19 年9月、東京帝大の学生である勇太郎が海軍に入ることになり、入営の準備で岡崎に戻るが、ドイツ語で書かれた物理の愛読書を軍に持ち込めないのを残念がる。

桜子はそんな勇太郎のために、徹夜でドイツ語の本をノートに筆写し、勇太郎に渡す。桜子の愛情を実感した勇太郎は、命を国に捧げるという考えを改め、生きて帰って来ると言って離れて行く。

昭和20年2月。かねはとうとう危篤状態に陥り、店の舵取りは桜子に任せるという遺言をして息を引き取ってしまう。かね亡き後、桜子は女将として店を仕切ろうとするが、タネがそれを横取りする。いきなり従業員の解雇を宣言するタネに桜子は対抗するが、後継者争いで立ち行かない山長に、県から配給差し止めもありうるとの連絡が入る。山長の先行きを真剣に考えた桜子は、ある大きな決断をする。

NEXT: 第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第10週「夏の日の別れ」 / 6月5日(月)〜6/10日(土)

達彦が、味噌の蔵元を継ぐために音楽学校を辞めると言い出し、桜子はショックを受ける …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第8週「初めての連弾」 / 5月22日(月)〜27日(土)

桜子がダンスホールに通っていることを知らされ、心配した笛子は、東京に駆けつける。 …

第3週 「恋のプレリュード」 / 4月17日(月)〜22日(土)

桜子の音楽学校受験に、笛子はあくまで反対する。一方、杏子は、桜子を応援するため、 …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしい …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …