純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第8週「初めての連弾」 / 5月22日(月)〜27日(土)

      2015/01/23

桜子がダンスホールに通っていることを知らされ、心配した笛子は、東京に駆けつける。桜子が大衆食堂で働く間、笛子は達彦たちから桜子の頑張り具合を聞く。途中、岡崎から徳治郎までもが桜子を連れ戻しにやってくるが、マロニエ荘の仲間たちに認められ、一人前の大人として懸命に生きる桜子の姿にうたれた笛子は、桜子にもう1年のチャンスを与える。

夏になり、女学校時代の親友・薫子と再会した桜子は、かつての婚約者・斉藤の近況を彼女から聞く。薫子は二人の再会を取り図ろうとするが、結局、斉藤は置手紙だけ残していく。一方、達彦は西園寺から、演奏家の道を目指すためにドイツ遊学を勧められるが、かねに許してもらえるかどうか悩んでいた。

そして、頻繁にダンスホールに出入りする不謹慎な桜子に、その行動を慎むべきだと忠告するが、桜子に反発される。自分をわかってくれないことに苛立つ達彦は、ついに桜子への恋心を告白する。

NEXT: 第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第14週 「若女将の試練」 / 7月3日(月)〜7/8日(土)

桜子は、かねから要請された味噌屋修業を受けてたつ。以前、「山長」の賄いを一手に引 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第26(最終)週 「いのち、輝いて」 / 9月25日(月)〜30日(土)

病院の検査で、桜子は病魔に冒されていることを知る。桜子は、お腹の赤ちゃんのことを …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …