純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第11週「キューピッド志願」 / 6月12日(月)〜6/17日(土)

      2015/01/23

桜子が東京に戻ってまもなく、岡崎の有森家に杉冬吾の許嫁だという御崎しま子が現れる。しかし冬吾は、彼女から逃げるように岡崎を去っていく。笛子と冬吾がお似合いだと思っていた桜子は心配し、薫子に冬吾の過去を調べてもらうと、なんと冬吾としま子は心中未遂を起こしていた。

そんな折、冬吾が東京のアパートにやって来て、桜子は事の真相を問い質す。聞けば、しま子の一方的な態度が原因だとわかるが、岡崎にいる笛子の理解は得られない。桜子は八重のヒントから、自分が冬吾と交際していると嘘を書いた手紙を出し、逆上した笛子を上京させる。

ちょうどしま子もアパートにやって来て、冬吾は彼女との決着をつけ、笛子と岡崎へ戻っていく。やがて昭和13年の暮れになり、桜子は岡崎へ帰省する。有森家では、助産師の資格を取り自宅で開業したい杏子と反対する笛子が対立。しかし、家を守るために気が張っている笛子を、冬吾が安心させ、二人は急速に接近する。

NEXT: 第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

予告無しにかねが現れ、マロニエ荘がさも立派であると嘘をついていた達彦は大慌て。桜 …