純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第7週 「貧乏なんか怖くない」 / 5月15日(月)〜20日(土)

      2015/01/23

西園寺によるピアノレッスン初日。桜子は西園寺のレッスン生で今年、音楽学校に合格したるり子から、貧乏人は音楽家にはなれないと罵倒される。そんな折、笛子から、父の1周忌に帰ってこなくていいと言う手紙も届き、桜子は大きなショックを受ける。屈辱を噛み締めながら、ピアノの練習に打ち込む桜子を、杉冬吾がダンスホールに連れ出す。

そこで、音楽学校受験の日に見たサックス奏者・秋山を見つける。桜子は生まれて初めて生のジャズバンドの演奏を耳にする。またそこでは、ダンサー・マリの踊る姿も目の当たりにする。しかし、マリは落ちぶれている自分に嫌気がさし、ダンサーを辞めて、ある男の愛人になろうか迷っているというのだ。桜子はそんなマリを何とか元気づけようとするが、逆に反感を買ってしまう。

家族の愛情を実感できずに育ったマリは、家族に愛されて育った桜子が疎ましい。そんな折、達彦がマロニエ荘に引っ越してきて、桜子の世話を何かと焼こうとする。やがてマリがダンスホールを辞めることが決まり、桜子たちは彼女に最後の花道を飾ってあげようとする。それに感激したマリは、愛人になることをやめ、マロニエ荘に戻ろうと考える。

NEXT: 第8週「初めての連弾」 / 5月22日(月)〜27日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第3週 「恋のプレリュード」 / 4月17日(月)〜22日(土)

桜子の音楽学校受験に、笛子はあくまで反対する。一方、杏子は、桜子を応援するため、 …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしい …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …

第25週 「夢にみた演奏会」 / 9月18日(月)〜23日(土)

昭和21年4月。桜子はめでたく達彦と「山長」で結婚式を挙げる。達彦は、戦争で死に …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …