純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第4週 「プロポーズは突然に」 / 4月24日(月)〜29日(土)

      2015/01/23

昭和12年8月。桜子は有森家の下宿人・斉藤に惹かれ始めた。有森家のみんなも生真面目な斉藤の人柄を気に入ったみたいだ。普段の服装はだらしなく不潔なイメージの斉藤だが、身ぎれいにすれば、意外にいい男であることに気づく。一方、杏子から手紙が届いた「お盆には帰れそうにありません」それを読み、杏子が心配な桜子は、斉藤と一緒に河原家を訪れる。

こき使われている杏子を垣間見た二人は、河原(イケテツ)を糾弾しようとするが、あくまでも「うまくいっている」と言う杏子に追い返されてしまう。斉藤は、役に立てなかったことをわびるが、桜子はそんな斉藤にますます惹かれていく。ところがある日、桜子は斉藤の部屋で見合い写真を発見、意気消沈する。桜子が自分に好意を抱いていることを感じた斉藤は、実は見合い相手にふられたことを桜子に告白。

桜子の悲しみはいっぺんに吹き飛んだかに見えた。しかし、それもつかの間、今度は磯が、笛子と斉藤を結婚させようと目論み始める。まんざらでもない笛子はある日、斉藤から話があると言われ二人で出かける。そこで・・・

NEXT: 第5週 「運命の分かれ道」 / 5月1日(月)〜6日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第12週「絆(きずな)が試されるとき」 / 6月19日(月)〜6/24日(土)

昭和14年、春。桜子は、東京音楽学校の2度目の受験に挑み、見事、合格を果たす。と …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …

第3週 「恋のプレリュード」 / 4月17日(月)〜22日(土)

桜子の音楽学校受験に、笛子はあくまで反対する。一方、杏子は、桜子を応援するため、 …

第20週 「来ぬ春を待ちわびて」 / 8月14日(月)〜19日(土)

桜子は、かねが死ぬ前に1度ドレスを着てみたいというのを聞き、磯と共に実現させるな …

第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

予告無しにかねが現れ、マロニエ荘がさも立派であると嘘をついていた達彦は大慌て。桜 …