純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第5週 「運命の分かれ道」 / 5月1日(月)〜6日(土)

      2015/01/23

桜子は、斉藤が自分のことを好きだと笛子から聞いて、びっくりすると同時にうれしくなる。二人が両思いであることを知った周りの家族は、桜子に結婚を勧める。しかし、桜子は音楽学校へ進学して勉強する夢があり、結婚にはなかなか踏み切れない。そんな折、斉藤が桜子に、音楽学校に合格したら東京の自分の実家から音楽学校へ通えばいいと申し出て、二人は婚約をしてはどうかという話になる。

ところがある日、電報を受け取った斉藤が、急きょ東京へ帰省。ようやく岡崎へ戻って来たかと思うと、いきなり桜子との婚約を白紙に戻したいと言い出す。何がなんだか全く理解できない桜子。斉藤は教師を辞して、海軍燃料廠へ転職するというのだ。しかし、斉藤が有森家を去る日、実は斉藤の実家が倒産をして借金を背負ったことを知る。

しかし、斉藤は未練を断ち切り、桜子のもとから去っていく。一方、八丁味噌の蔵元「山長」では、跡取り息子の達彦が名古屋の八高を退学し、東京の音楽学校を受験したいと言い出し、かねから勘当される。桜子は、ライバルだが自分よりピアノが上手い達彦の心情を汲みとって、達彦のささやかなピアノコンサートを実現させようとする。ところが当日かねに達彦の身柄を拘束されてしまい・・・。

NEXT: 第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第22週 「さよならを越えて」 / 8月28日(月)〜9月2日(土)

国民学校の事務員になった桜子は、良太が他人の弁当を盗むのを発見。以来、時々弁当を …

第1週 「父の見合い」 / 4月3日(月)〜8日(土)

昭和4年の愛知県岡崎。8歳の有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元でかくれんぼを …

第19週 「ショパンよ母に届け」 / 8月7日(月)〜12日(土)

山長に戻ってきた桜子は、かねの妹のタネとその夫・利雄が幅をきかせていることを知る …

第2週 「ピアノがやって来た」 / 4月10日(月)〜15日(土)

桜子は女学校から逃げ出し、演奏会に向かうがすでに終了。誰もいない舞台でセントルイ …

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第17週 「希望は捨てません」 / 7月24日(月)〜7/29日(土)

桜子は、亨が目の病気(網膜炎という病気である可能性)らしく、精密検査に多額の金が …

第7週 「貧乏なんか怖くない」 / 5月15日(月)〜20日(土)

西園寺によるピアノレッスン初日。桜子は西園寺のレッスン生で今年、音楽学校に合格し …

第6週 「サクラサク?」 / 5月8日(月)〜13日(土)

桜子は、音楽学校受験のためにライバルの達彦と同じ汽車で東京に行くが、着いて早々、 …

第23週 「思いがけない帰還」 / 9月4日(月)〜9日(土)

終戦を迎え、翌昭和21年2月。桜子は戦中勤めていた学校で、念願の代用教員になり、 …