純情きらり応援サイト

愛知県岡崎市を主な舞台にしたNHK朝ドラ「純情きらり」を地元色満載で応援するサイトです。

第9週 「今宵(こよい)、君と踊ろう」 / 5月29日(月)〜6/3日(土)

      2015/01/23

予告無しにかねが現れ、マロニエ荘がさも立派であると嘘をついていた達彦は大慌て。桜子たちは何とかその場を繕うが、ドイツ行きの問題になると話は平行線に。

そんな折、岡崎から達彦の父・拓司も現れ、拓司は達彦とサシで話すと言ってかねを帰す。拓司は自分の好きな道を行けと達彦に言う。一方の西園寺は陸軍から軍歌を委嘱されるが、曲が軟弱だと作り直しを命じられる。悩んだ西園寺は学校に辞表を提出。桜子たちは辞表の撤回を求める署名活動を行う。秋山も署名に参加するが、西園寺が現れると逃げ出す。

実は秋山は若い頃、西園寺に経済的援助を受けたが、それに不義理をしていたことを桜子たちは知る。西園寺は桜子たちの気持ちに応えようと曲を書き直すが、いざ軍人たちの前でお披露目となったとき、曲を弾けなくなってしまう。駆けつけた秋山が、西園寺のかわりにサックスで曲を吹き、事は収まる。

翌日、達彦の元に「チチキトク」の電報が届く。急ぎ帰郷する達彦、そして、夏休みに入った桜子も達彦を追うように岡崎に帰省する。桜子は、達彦の音楽への情熱が冷めないことを信じるが、達彦は自分の背負っているものの大きさを噛みしめていく。そして、ついに拓司が息をひきとる。

NEXT: 第10週「夏の日の別れ」 / 6月5日(月)〜6/10日(土)

 - 純情きらり:あらすじ

広告


  関連記事

第18週 「いつかまたピアノは響く」 / 7月31日(月)〜8月5日(土)

マロニエ荘に住む画家・守田が出征して、恋人の八重は元気がない。八重を慰める桜子は …

第13週 「私には今しかない」 / 6月26日(月)〜7/1日(土)

昭和15年、夏。桜子は喫茶店の女給をするかたわら、家族の皆と内職に励む。そんな時 …

第16週 「磯おばさんの秘密」 / 7月17日(月)〜7/22日(土)

昭和18年3月。「山長」で働く桜子の元に、東京で妊娠中の笛子を助けてやってほしい …

第24週 「あなたがここにいる限り」 / 9月11日(月)〜16日(土)

達彦は戦争の後遺症を背負っていたが、桜子が彼の味方になることで心は徐々に開かれて …

第10週「夏の日の別れ」 / 6月5日(月)〜6/10日(土)

達彦が、味噌の蔵元を継ぐために音楽学校を辞めると言い出し、桜子はショックを受ける …

第15週 「別れのコンチェルト」 / 7月10日(月)〜7/15日(土)

桜子は作曲の勉強を始め、西園寺から東京に来ないかと誘われるが、岡崎に留まる。一方 …

第4週 「プロポーズは突然に」 / 4月24日(月)〜29日(土)

昭和12年8月。桜子は有森家の下宿人・斉藤に惹かれ始めた。有森家のみんなも生真面 …

第3週 「恋のプレリュード」 / 4月17日(月)〜22日(土)

桜子の音楽学校受験に、笛子はあくまで反対する。一方、杏子は、桜子を応援するため、 …

第14週 「若女将の試練」 / 7月3日(月)〜7/8日(土)

桜子は、かねから要請された味噌屋修業を受けてたつ。以前、「山長」の賄いを一手に引 …

第21週 「生きる歓(よろこ)び」 / 8月21日(月)〜26日(土)

東京に着いた桜子は、行方不明の冬吾を焼け跡の中で見つける。冬吾は惨状を絵に描きと …